東京農業大学、昆虫機能開発研究室の最新ニュースをお届けします。


by insectech
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

矢吹町に行ってきました!

新歓合宿終了後、5月28・29日福島県矢吹町に、4年生3人と3年生2人の計5人で行ってきました。
今回の目的は、カブトエビ農法の実験区を作ることと、さらに矢吹町と親睦を深めることです。
b0086228_155655.jpg

↑(役場に訪問してくる方が見てくれています)

矢吹町に到着後、役場の産業振興課、柏村さんに震災後の矢吹町の状況を、車で案内してもらいながら説明してもらいました。
ダムから水を引くパイプが壊れてしまった為、水が十分に行き渡らず、1200haもの水田で今年は作付け不能になってしまったそうです。
これは、町全体の8割もの水田が作付けできないことになります。
復旧には30億円かかるそうです。
費用の95%は国の負担ですが、残りの5%は町が負担しなければならない状況にあります。
来年はすべての水田で作付けが出来るように皆さん必死に復旧作業をしています。
b0086228_1557342.jpg

b0086228_15563540.jpg


夜は地元農家の方々と役場の方々と私たちで
「泥の中から希望の一歩、大田植え祭」
という名のもと、懇親会を開いてくれました!
和気あいあいとした空気の中、さらに矢吹町との親睦を深めることが出来ました。
b0086228_15572530.jpg

b0086228_15582260.jpg

↑(左:うちの研究室のYさんに惚れている阿部さん..笑)
b0086228_15575452.jpg

b0086228_15583543.jpg

↑(関根さん)
b0086228_15584884.jpg

↑(柏村さん)
b0086228_1559845.jpg

↑(野崎町長)
b0086228_15593747.jpg

↑(こうなってはいけません。インチキ、です。)

宿泊は、ぐるぐるノーカーズ代表の関根さんの家に泊めてもらいました。

翌日、朝9時から田植えの始まりです!
関根さんの家の裏にある田んぼで、大田植え祭をすると同時にカブトエビ農法の実験区を作らせてもらいました。5×5mの区画にヨーロッパカブトエビの卵2万5000卵を投入しました。
天候には恵まれませんでしたが、とても楽しい時間を過ごすことが出来ました。
田んぼの一部を私たちに提供していただき、今回の訪問で宿泊もさせていただいた関根さん、ありがとうございます!
b0086228_1611791.jpg

b0086228_161185.jpg

b0086228_1604320.jpg

b0086228_1602795.jpg

b0086228_1601013.jpg

b0086228_15595367.jpg


昼食は、役場、農家の方たちがお釜で炊いたご飯、豚汁、採れたてのブロッコリーをご馳走してくれました!
矢吹町のおいしい食材を堪能できてよかったです。
b0086228_1613379.jpg

b0086228_16204750.jpg

最後に、大木大吉本店さんを訪問しました。
今年震災の被害で大木さんの田んぼでは、カブトエビ農法が出来なくなってしまってとても残念ですが、今後も繋がりを大切にお付き合いしていきたいと思っています。
b0086228_1615827.jpg


私たちは、今回の訪問で矢吹町の方々とさらに親睦を深めることが出来て、いろいろな情報も得ることが出来ました。
カブトエビ農法も実践が始まり、訪問を重ねるごとに少しずつ進歩してきてるように思います。
今後も矢吹町と協力しながら一生懸命私たちに出来ることをやっていきたいです。
今回お世話になった農家の方々、役場の方々、本当にありがとうございます。
これからもよろしくお願いします!

----------------------------------------------------------------------------------------

最後にイベントのお知らせです。

先日味の素スタジアムにて開催された
「東日本大震災復興イベント」
に引き続き、6月5日(日) 10時〜15時、東京都三鷹市の新川中原コミュニティーセンターにて矢吹町の野菜の販売を行います。
興味のある人はぜひ足をお運びください!
b0086228_16243777.jpg

[PR]
by insectech | 2011-05-31 16:40 | 矢吹町 | Comments(0)