東京農業大学、昆虫機能開発研究室の最新ニュースをお届けします。


by insectech
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

生物多様性日本アワード授賞式

こんばんは、ブログ係・広報部長の
3年 竹之内です。

先日10月20日に行われました
生物多様性日本アワード授賞式
の模様をお伝えします。

授賞式では、優秀賞に選ばれた5組
(伊藤園、エゾシカ協会、九州川の応援団、
グランドワークス三島、大谷中学校)の中から、
エゾシカ協会がグランプリに選ばれました。

その後、5組によるプレゼンテーションが行わ
れました。
プレゼンには、私たちが携わっている
地域再生活動に関連するワードが多く、
今後の活動に生かせるヒントを得ることが
出来ました。

特に自分は九州大学の”トキ米“という確率された
ブランドや大谷中の活動年齢層の広さは、
自分たちも見習うべきだと思います。

特に自分が興味を持ったのは三島です。
森や川、町の再生活動を行う際のゴールの見せ方
は、地域住民の誰でもわかりやすくかつ
魅力的なものとなっていました。
このことは、「様々な人達が関われる
メニューにする。」という考え方がもとに
あるから出来るものです。
活動実績からも地域住民の需要に
答えられているということが見られました。
地域の方々みんなが「良い町」を目指して
活動を繰り返していくことで、
観光客にも影響を与え、30倍以上に
増やすことが出来たことは、
「すごい」と驚いてしまいました。

プレゼンの後に、長島教授の
特別講演が行われました。
やはり会場の方は環境系に興味を
お持ちの方が多いのか、
桑植の話は特に関心を集めていた
と思います。


その後自分とゼミ長の岩佐は
NHKワールドの取材を受けることに
…(/ロ゜)/
正直緊張しすぎて、何を話したのか
覚えていません(笑)
放送されるのは3月と聞いていますが、
詳しい情報が入り次第追って連絡します。

インタビュー後、レセプションが
行われました。
レセプションには、イオン様から
豪華な食事が用意されました。
ありがとうございました。発表もしていないのに
美味しくいただきました(^¬^)
また、会場にはイオン財団法人の岡田名誉会長
授賞式に引き続き岡田社長も参加していました。
実はお偉い方ばかりで、会場に入るときすら
緊張しました。

その後赤池先生と長島先生にお連れいただいた
飲み会も、本当にためになる話ばかりで、
自分の終電など忘れてしまう(終電逃した)
ほどでした。
先生のお話を聞いたことで、自分が一体
どんなスタンスで研究するのか
それで社会に何ができるのか
その事をもっと明確に考えなければ
ならないと感じました。
脳が栄養価の高い情報を得過ぎて
キャパが足りなくなる
そんな1日でした。

赤池先生やイオン環境財団のかた
大変お世話になりました。
ありがとうございました。

[PR]
by insectech | 2015-10-22 00:56 | 活動記録 | Comments(0)