東京農業大学、昆虫機能開発研究室の最新ニュースをお届けします。


by insectech
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:出来事( 76 )

こんばんは
ブログ係3年の竹之内です。

矢吹町で農家をしている高久さんから、
とれたてのトマトが届きました!

どうやら、高久さんは
未来型の農業のひとつを行っているようです。

新鮮なトマトありがとうございました(^_^)/

b0086228_18391247.jpg







b0086228_18395031.jpg
[PR]
by insectech | 2015-09-18 18:43 | 出来事 | Comments(0)
こんにちはきゃおりです!

訪問から大分時間がたってしまいましたが
岡谷シルクファクトと、講演会場でであった素敵なみなさんやシルク作品をご紹介します♪

まずは名物館長のちーちゃんこと、高林千幸さんが手がけておられる、
シルクのランプシェードです。

b0086228_15273067.jpg
すごく素敵です。
来年は、研究室みんなでちーちゃんのランプシェード教室に
行きたいとおもいます!!!
ちーちゃんのお写真を撮り忘れました・・・

続いてはシルクファクトに併設されている宮坂製糸所の館長さんと、笑顔の素敵な従業員さんです。
これはサンゴの赤い色素を吐くカイコの作った繭の糸をとっているところでした。
b0086228_15272021.jpg

続いては繭人形!
b0086228_15270918.jpg
先日あげた、学生作の繭人形はこちらの作成きっとを持って帰ったものです。
とってもかわいいですね!

次は、講演時に出店されていた八王子織物工業組合さんのところにあった
こちら!
b0086228_15265242.jpg
b0086228_15265956.jpg

産学連携企画で作られた学生さんの作品なんだそうです。
私はこれが気に入って気に入って仕方なかかったです。
いつか実用化されたらいいなあ♪
若い女性にとってもウケるのではないでしょうか。

最後はこちら!
b0086228_15270462.jpg
岡谷市のマークです。
実は、岡谷の文字を拡大してみると、ギザギザしています。
製糸の町である岡谷をすてきに表されていますね♪


こんかいの新・シルクロードへのみちでは、
富岡製糸場世界遺産登録を受けて、
かつての絹・養蚕業を支え、その中心をになっていた富岡・岡谷・深谷・十日町・京都など、
たくさんの地域が再び連携し、
日本の懐かしくて新しい産業の確立を目指そうという締めくくりで終わりました。

私たち昆虫機能開発長島ゼミの学生は、
若者の等身大の目線から、養蚕の新しい可能性について
取り組んでいくんだと、
改めて感じたよいシンポジウムでした。

シルクって、本当に可能性に満ちていますね♪





















[PR]
by insectech | 2015-03-03 15:52 | 出来事 | Comments(0)

第三回トークセッション

1月24日の土曜日
「食と農」の博物館にて
第三回目のトークセッションが開催されました。

今回のテーマは「昆虫の雑学に学ぶ」としまして、
国立科学博物館 元研究員の
友国 雅章さんを講師としてお迎えさせていただきました。
b0086228_11303780.jpg


内容としましては、昆虫等の生物の
形態的、生態的な特徴を利用し人間の
生活に生かして行くというバイオミメティクスの
基本的な理念解説から、日本ではどのような研究が
行われているか?
それに国立科学博物館がどのように携わって
きたか等を説明していただき、初めての方にも
非常に分かりやすい内容だったように思います。
b0086228_11331047.jpg

国立科学博物館ではその標本の貯蔵数を
生かし、それをサンプルとしてSEMで観察
することで多くの生物の構造上の特徴を画像
として記録しているそうです。

第三回目ということもあり、一、二回目よりも
さらに多くのお客様に来ていただけました!
b0086228_11313828.jpg


友国さんの最終的な夢は、バイオミティクスにより
植物の光合成のような持続可能なエネルギー源を
作ることで、その研究は既に大分進んでいるようです。


現在最も使用されている火力発電のエネルギー変換率が
30%であるのに対し光合成のエネルギー変換率は60%
もあるそうです。単純計算ですが、今までの2倍もエネルギー
を生み出す事のできる技術、実現すれば今日本が抱えている
エネルギー問題も全て解決することができるのではないでしょうか?


先生とのお話の中では、やはり
第一、二回のトークセッションでも話題にあがっていたような
異分野連携、未来を担っていく若者をどう育てていくかという
内容になり、私たち研究室員もこれからの未来について
深く考えて行かねばと感じました。
b0086228_11362678.jpg



講演後には福島県矢吹町で収穫された
「矢吹米」の無料配布が行われました。

b0086228_11551015.jpg


矢吹米は私たちの研究室で開発されたカブトエビによる
無農薬農法で作られたお米です。
矢吹町と東京農業大学が連携し、地元の子どもたち、
ぐるぐるノーカーズさんと私たちの研究室が共に
農業の楽しさ、大変さを学びながら育てて来ました。
b0086228_1262449.jpg

ネットでも購入することが出来るので是非ご賞味ください!



今回の講演で三回に渡っておおくりしました
 ~バイオミメティクスを超えて~ 展示
におけるトークセッションは全て終了となります。

三回の講演の中、講師としてお越しいただきました
下村正嗣先生、神崎亮平先生、友国雅章先生
におかれましてはご多忙の中、貴重なお時間を
割いていただき誠にありがとうございました。

各回とも普段は絶対に聞くことのできない貴重な
お話で毎回夢のような内容にワクワクが
止まらず、とても良い刺激を受ける事ができました。

これからも研究室員一同精進して参りますので、
今後、機会がありましたらご指導ご鞭撻のほど
よろしくお願い致します。

また、今までの講演にお越し頂きました皆さまにおかれましては
講演を聞いて何か一つでも得るものがありましたら幸甚です。

これからも長島先生はこのような講演活動を
続けていく予定ですので、今回で興味をお持ちになった方も、
都合によりお越しいただけなかった方も是非是非ご参加下さい!


ブログ係 石塚がおおくりしました。
[PR]
by insectech | 2015-02-07 05:48 | 出来事 | Comments(0)

吉田 目安箱製作etc。。



1月17日(土),18日(日)の2日間、
目安箱作りのため埼玉県吉田町に行って来ました!(゚△゚)

b0086228_5342958.jpg
b0086228_5431384.jpg


なぜ、目安箱?
吉田の町を活性化させようと活動している
自分たちではありますが残念ながら、
大学の授業やそれぞれの研究もあり
毎日吉田で活動することができないのが現状です。
しかし、できるだけ多くの地域の方々の
生の声を聴き、それを生かしていかなければ
真に地域の活性化をすることは出来ないとも思うのです。
そこで、自分たちが行けない間にも
地域の方々の意見や質問を受けるため、
目安箱を設置することに決めたのです。


目安箱の作成は秩父ボーイスカウト第1団 
ビーバー隊の皆さんと行いました!!
http://www16.ocn.ne.jp/~vs1yuki/yoteiBVS.html
秩父ボーイスカウト第1団HP


b0086228_5353370.jpg

b0086228_5362760.jpg

線引き中…

b0086228_5375353.jpg


切り出し中…


皆さんボーイスカウトということもあり、
とても慣れた手つきで工具を扱っていました(゚□゜)


b0086228_5393840.jpg


プロ顔負けの手つき!


作業のあとは隊員のみんなと
交流を深めました(^◇^)

b0086228_5401616.jpg


もーいいかい!

b0086228_5405752.jpg


敬礼!!(ビシッ

これからも秩父第1団の方々とは
ぜひ交流を深めていきたいです。。


というわけで、、色々な方々の手伝いもあり2日間で
なんとか目安箱を完成させることができました!

b0086228_5422585.jpg


完成!


目安箱は龍勢会館、吉田中学校の2箇所に
設置する予定ですので是非吉田の
皆さんの意見を聴かせていただきたいですm(_ _)m
意見の他にも自分たちの活動に対する
質問などでも良いのでドシドシ投稿ください!!
よろしくお願い致します。


ブログ係 石塚がお送りしました。。

[PR]
by insectech | 2015-01-19 05:45 | 出来事 | Comments(0)

新商品!!pert2


ベッタ(ベビー用品)さんからエリナチュレが入りの
タオルを発売しています。
b0086228_15541472.jpg

エリナチュレとはシキボウと長島先生が協力して開発した
天然機能性繊維です。

ヤママユガ科の昆虫「エリサン」の繭を利用する事で
UVカットや消臭機能を持ち、肌に優しいものになっています。

とても柔らかく、肌触りがいいので
お子様の出産祝いにピッタリです!

詳しくは「食と農」の博物館で、エリサンについて
パネルがありますのでそちらもご覧になって下さい(笑)

ブログ窓際族 大友 がお送りしました!
写真:矢部
[PR]
by insectech | 2015-01-13 15:57 | 出来事 | Comments(0)

新商品!!


長島先生が監修している「+KUWA」から
飴の新商品が出来ました!
これは南アルプスシルクファームのメンバーによるものです。
b0086228_1552774.jpg

「+KUWA」とは従来の加工食品に
限定した品種、管理方法、製法からできた
桑パウダーを加えることで
付加価値の高い食品として
新しい食べ方を提案するブランドです。
+KUWAには多量なCa,Feの他にバランス良い
DNM(血糖値の上昇を抑制する)が
含まれています。

なぜ南アルプスかといいますと、
南アルプスの農家の高齢化が進んでおり、
新規農業として育てやすい桑が着目されました。


さくさく飴は、名前通り噛むとさくっと割れ、
中にぎっしりと入っているきなこと+KUWAにより
口の中に「和」のテイストが広がります。
このさくさく飴はFe,Ca不足の方はもちろん
血糖値の気になる方も食べられるかもしれません。
この新触感の飴、ぜひご賞味ください!


ブログ窓際族 大友 がお送りしました
[PR]
by insectech | 2015-01-13 15:17 | 出来事 | Comments(0)

先日、12月22日、富岡市と農大間に
先生念願の連携協定が結ばれました。

富岡市側からは市長の他副市長、教育長等、
農大側からは学長、農学部長、農学部事務部長、長島先生など
9名が出席し、式が執り行われました。

岩井市長、高野学長との間で調印が成立したことで、
正式な協力関係が完成しました。

これからは両者で協力し、養蚕業を中心にした
農の風景、養蚕農家の再現等を行っていきます。

また富岡市に学生達が宿泊できる住宅や実習、
実験場所が確保され、農大と富岡市間で
キラーコンテンツを開発する計画も
中期的に実施していく予定です。


キラーコンテンツとは
特定の分野を普及させるきっかけとなるような、
圧倒的な魅力を持った情報やサービス、製品のこと。


ブログ係石塚がお伝え致しました。


[PR]
by insectech | 2014-12-26 10:41 | 出来事 | Comments(0)

第二回トークセッション

先日の土曜日に東京農業大学
「食と農」の博物館にて
第二回トークセッション「昆虫ロボットの未来」が
東京大学先端科学技術研究センターの
神崎 亮平先生をゲストにお呼びして行われました。

神崎先生は昆虫(特にカイコ)の脳を研究して
昆虫の脳の仕組みをコンピュータにつくる
つまり、昆虫の脳の仕組みで動くロボットを
開発しようと研究している方です。
b0086228_15214885.jpg

カイコ蛾は遠く離れたところにいるメスの
フェロモンを感じとる事が可能で、
神崎先生はこの機能を利用し
カイコの頭を体から完全に分離させ、
頭はカイコ体はロボットという
サイボーグ昆虫を作り出しました。

更に神崎先生はスーパーコンピュータ「京」を
使い昆虫の脳のシミュレーションを行い、
昆虫の脳の仕組みをロボットに入れることで
匂いを探知するロボットの開発に成功しました。

匂いという切り口から災害救助、麻薬探知などに
この昆虫の脳の仕組みを利用したロボットを
応用できるとお話いただきました。
b0086228_15252283.jpg

トークセッションでは長島先生と神崎先生との
共通点である、カイコを使う理由などで盛り上がり
ました。また来場者の昆虫以外での応用は可能なのか
という質問に対して、神崎先生は「脳をつくる」ことが
可能になるお話をして頂き大変濃い時間となりました。

工学も生物学もこれからはボトムアップ型で
研究を進めていかないと良いものは得られない
という先週の下村先生とのトークセッションでも
出てきた結論で第2回トークセッションは終わりました。

次のトークセッションは1月24日(土)です。
このブログで告知いたしますので
お楽しみに!!

ブログ係 矢部
[PR]
by insectech | 2014-12-23 14:56 | 出来事 | Comments(0)

収穫祭!!

 今月の1、2日にかけて
 第15回厚木収穫祭が開催されました。
 
 今年の研究室文展は
 「Let 糸 go」と題した展示をしました。
 内容は、今年世界遺産に登録された
 富岡製糸場と長島ゼミとの関係、
 ニューシルクロードプロジェクトについてなど
 とても濃い内容になっていました。
b0086228_0155130.jpg

 大盛況の様子

 今年の体験コーナーでは
 糸繰機で繭から糸を集めたり、
 繭で小さな雪だるまを作れたりと
 こちらもとても人気でお客さんが
 後を絶たない状態でした。
b0086228_0193964.jpg

 雪だるま作りの様子
 
 そして!!なんと我々 長島ゼミは
 今年の文展で 学長賞特別賞を
 いただきました。

 文展に来ていただいた皆様に
 この場を借りてお礼申しあげます。
 ありがとうございました!!

b0086228_0282614.jpg

 授賞式の様子(写真の二人は文展リーダー的存在です。)
 
 ブログ写真係 矢部
[PR]
by insectech | 2014-11-05 00:31 | 出来事 | Comments(0)
 昨日お伝えした、八王子 下柚木小学校での
 カイコの授業について更新します。

 10月21日 八王子市立下柚木小学校にて
 小学三年生にカイコや桑の新しい利用について
 講義や実験をしてきました。
 
 三年一組と二組にお昼休みを挟んで、それぞれ2時間ほどの
 講義を行いました。長島ゼミからは4人の学生が参加しました。

 先生の講義の様子
b0086228_11574073.jpg


 カイコの繊維以外の利用や
 桑の食品として話など大学でないと
 学べないようなことも講義しました。

 また実験では簡単な糸繰車でいとくりをしたり、
 シルクを溶かすこともしました。
b0086228_21524062.jpg

 糸繰の様子↑
b0086228_21554790.jpg

 シルクを溶かしているところ↑

 糸を百本束ねたもので2リットルペットボトルを
 持ち上げる実験では、大変盛り上がりました。
 
 今までのカイコだけではなく
 様々に利用できることを知ることで
 新たな興味を持ってもらうことできました。
 小学生たちには本当に興味を持ってもらえた
 ようで目がキラキラしていたそうです。
 
               おまけ
b0086228_14384738.jpg

          お昼は、小学生と一緒に給食を
          食べました。給食は久しぶりで
          ノスタルジーに浸りました。

 ブログ係 矢部
[PR]
by insectech | 2014-10-22 12:14 | 出来事 | Comments(0)