東京農業大学、昆虫機能開発研究室の最新ニュースをお届けします。


by insectech
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2009年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

展示会終了後・・・・

先生にはサプライズで教授就任祝いをしました053.gif



b0086228_1915820.jpg




OBOGのみなさんもたくさんいらっしゃいました!
b0086228_19154165.jpg


こんな様子です。
b0086228_1915533.jpg






今年ももう終わりです。
来年も昆虫機能開発研究室をどうぞよろしくお願いいたします。


ブログがんばって更新してますのでぜひ、たまーに目を通してください070.gif・・・

ではよいお年を!!!
[PR]
by insectech | 2009-12-31 19:23 | 出来事 | Comments(0)

展示会終了!!

b0086228_17582873.jpg


終了後の集合写真です☆


GEICでの展示会は26日をもって終了いたしました。


観に来てくださった方、ありがとうございました056.gif





b0086228_18355886.jpg



今回の展示期間中に訪れた来館者数はなんと946人だそうで005.gif






このような展示会ができたことはめったにないチャンスでした!!





研究室全体で行った今回の展示会は、院生をリーダーとして構成、企画を

しました。

展示中もパネル追加したり配置を変えたりと、少しずつ改善をしていきました001.gif



ラボにこもって研究をするだけでなく、このように外に出て

いろんな人と話し、人に伝えて社会に還元していくことが重要だ、

といったことを先生や院生から聞きますが、今回の展示会がまさにそうだったと思います。




では展示の様子の写真を大公開いたします☆☆071.gif071.gif



b0086228_1923869.jpg

全体の様子

b0086228_19131749.jpg

塩野屋さん 日本の匠の技

b0086228_1951766.jpg

松田養蚕場のシルクタンパクでできたお菓子


b0086228_1962622.jpg

サンシャインカンパニーのRE―SILK美容液
ドクターセラムのフィブロインサプリメント

b0086228_1975933.jpg

ハックと共同開発、『魔法の靴下』とよばれるナノハローソックス


b0086228_1992791.jpg

インドネシアのクリキュラという野蚕の繭からできた製品

b0086228_19114584.jpg

インドネシアのクリキュラとアボガドと人との循環型社会構築
[PR]
by insectech | 2009-12-31 18:39 | イベント情報 | Comments(0)

サイエンスカフェ

12月12日(土)
展示会会場である青山の国連大学のGEICにて、

サイエンスカフェ
「虫に学ぶ、虫と生きる:天然資源としての昆虫の可能性を考える」

が行われました。

司会 は角 寿子さん((特活)アースネットワーク、染織) で、
長島先生と杉本星子先生(京都文教大学、文化人類学)の対談形式で
行われました。


杉本先生は、文化人類学、京都文教大学人間学部文化人類学科、南アジアとインド洋西部島嶼地域をフィールドとし、とくにインドとマダガスカルのシルク織物について研究なさっています。



会場はせまいにもかかわらず30人以上集まり、大変良い講演会でした。


今日で展示会は終わりです。少しさびしいような。。。

ご来場くださった方、ありがとうございました☆

b0086228_11515122.jpg

たくさんご来場いただきました


b0086228_11533478.jpg

杉本先生と長島先生

b0086228_1155496.jpg

b0086228_11535110.jpg


終了後の様子
[PR]
by insectech | 2009-12-26 11:56 | イベント情報 | Comments(0)
Silk Diversity 2009.12.2(wed)~12.26(sat)

b0086228_1402980.jpg








b0086228_1411668.jpg

       

DM作成者 院生 柳下







昨日学生が青山の展示会場をリニューアルしに行ってきました!!

展示スペースが広くなり、さらにバージョンアップしました。

コンセプトはシルクからみる“生物多様性”。

皆さんおなじみのカイコのシルクから、野生のガが吐くシルクでこんなものづくりができる!!

インドネシアで害虫といわれたクリキュラが今では益虫に、

そこからみえる人と生物との循環型社会。

繭で作ったクリスマスツリーも見物です。





この展示を見てみなさんも、“未来”に目を向けてみませんか??













b0086228_23562217.jpg


リニューアル後の全体風景。
傘がしゃれてる~☆   ・・・と思いません?









b0086228_042951.jpg


これらも全部“シルク”なんです!!

これ以上は来てからのお楽しみです☆




『展示』というと硬く聞こえるかもしれませんが・・・

ただの展示とは一味ちがいます。



表参道のお買いものついでにでもよいので、

ぜひ足を運んでみてください。
[PR]
by insectech | 2009-12-10 00:27 | イベント情報 | Comments(0)
布里田中の地域資源を保全する会が『平成21年度 豊かなむらづくり全国表彰事業 農林水産大臣賞』を受賞しました!!!!

豊かなむらづくり表彰は、農林漁業を基盤に豊かな地域社会作りを実現する団体を表彰するものです。

布里田中の地域資源を保全する会は、1999年に土地改良組をつくり、2002年に11haの耕作面積を製造しました。
そのことを機に若者中心のむらづくりを始め、地域ぐるみでブルーベリー農園の観光農業やフルーツ街道の造成、完成道路脇の植栽などをしています。

今回の受賞の理由は、そのような「地域ぐるみ」で美しいむらづくりと地域環境保持をしてきたことでした。

そんな中で、私たち昆虫機能開発研究室は、平成11年からホウネンエビを守る会のかたがたと協力して、カブトエビ農法の栽培実験を行ってきました。
それらの地元の方々と研究室の共同の取り組みも高く評価されたようです


・・・前置きが長くなってしまいました。
12月5日に吉田町のホテルで受賞の祝賀会が行われ
長島先生と、第1期生のOBである「カブトエビ農法研究会」のお二人が招待され、盛大に行われました!!

b0086228_15213227.jpg

表彰状です。

b0086228_15225527.jpg

布里田中区区長の岸誠一さんです。

b0086228_1524616.jpg

表彰式全体の記念撮影です。

b0086228_15245294.jpg

関係者の記念撮影です。
★一番右にいらっしゃるのが、布里田中の地域資源を保全する会代表の岸重義さんです。
★表彰状を持っていらっしゃるのが布里田中の地域資源を保全する会副代表(&区長)の岸誠一さんです。
★左上にいらっしゃるのがホウネンエビを守る会事務局の岸良雄(通称よっちゃん)です。
★左から2番目と3番目にいらっしゃるのは、第1期生のOBである「カブトエビ農法研究会」の諸富夫妻です。

これからの布里田中地区の発展を楽しみに、また研究室でも吉田町へと研究・遊びに行きたいと思います。
布里田中の地域資源を保全する会の皆さん、ご受賞おめでとうございました。

これからも研究室一同、よろしくお願いします!!

b0086228_1746406.jpg

受賞記念のタオルと、カブトエビ米です!!


最後に、平成21年度 豊かなむらづくり全国表彰事業 農林水産大臣賞記念誌(平成21年12月5日発行)より、長島孝行先生の機構文を載せます。

次世代型のむらづくりを目指して
 11年前に初めて吉田町布里田中地区を訪れて、私が思ったことは「次世代の村の風景はこんな感じになるんだろうな」ということであった。
日本は世界に先駆けて、高齢化、高齢社会を経て、「超高齢社会」に突入した。同時に人口も減ってきている。私はこの減少を決して退化的とはみていない。私の頭の中に描かれいていた「資源」も「人の心」も「豊か」で、「持続性」のある国、そして「先進国」の目指すべき市街地風景に、この地域はよく似ていた。人家と農地がそれぞれ固まり、後は山林で「コンパクトな拠点市街地」に見えたのである。
 そこで私達は、この地にカブトエビ、別名「田の草取り虫」とも呼ばれる雑草防除甲殻類を見つけ、またシリカが多い土壌という地の利を活かして、このエビを利用した「完全無農薬型の米作り」を提案した。地域の方はそれを快く、即座に受け入れて頂き、学生達と地域の方々の共同実験「カブトエビ農法の確立」が始まった。
いろんなことが分かった。このことは、テレビ、新聞、雑誌などマスコミにも多く取り上げられた。この毎年の「カブトエビ米つくり」は、私の研究室(昆虫機能開発研究室)学生、延べ120人以上が関れた。そしてこのプロジェクは、地元の中学生、試験場、そして行政と、仲間が大きく膨らんで行った。だから、皆この吉田町にとても「愛着」がある。
今回の受賞を卒業生達に早速連絡した。「吉田町のプロジェクトに参加できたことは本当に幸せだ、やってよかった!」と、皆異口同音に返信が来た。是非、世界に先駆けた「超高齢社会の豊かなむらづくり」のモデルになるよう、更に共同実験を成熟させていきたいと思う。



b0086228_1459340.jpg



b0086228_1572745.jpg

[PR]
by insectech | 2009-12-07 15:29 | お知らせ | Comments(0)
国連大学にて展示会の準備をしてきました!!
展示のレイアウトや流れなど、学生であれこれ考えて作り上げました。


生物多様性という観点から、シルクの利用法について様々な提案をします。
ブログをごらんの皆様にも足をお運び頂けたら嬉しいです!!


展示期間 2009年12月2日(水)~12月26日(土)

場所〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-70 国連大学ビル1F

開館時間:10:00~19:30(土曜日は17:00まで)
休館日:日曜、月曜、祝日、毎月第4金曜日、年末年始


展示の風景をちょっとだけお見せしちゃいますv


b0086228_13325029.jpg


       外から

b0086228_13351452.jpg

       
       繭玉ツリーです。飾り全部まゆなんですよー!!

b0086228_13361491.jpg


       先生(笑)

b0086228_13485615.jpg


集合写真



長島先生の講演あります!!

サイエンスカフェ2b0086228_15336.jpg

「虫に学ぶ、虫と生きる:天然資源としての昆虫の可能性を考える」

日時 12月12日(土)15:00~16:30

場所 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-70 国連大学ビル1F
参加費 資料代として1,000円
ゲスト 長島孝行氏(東京農業大学,インセクトテクノロジー)
解説 杉本星子(京都文教大学、文化人類学)
司会 角 寿子((特活)アースネットワーク、染織)


サイエンスカフェではコーヒーじゃなくて、サイエンスを飲むのだそうです。これは飲みに行くしかないですね!!
[PR]
by insectech | 2009-12-02 13:52 | イベント情報 | Comments(0)