東京農業大学、昆虫機能開発研究室の最新ニュースをお届けします。


by insectech
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2012年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2012年11月20日、小田原の旭丘高校にて長島教授の特別授業が行われました。

参加してくれたのは、旭丘高校1年生の皆さんです。
旭丘高校では、学生に広い視野を持たせ、将来の職業選択を考えさせるため、度々このような外部の方の講演や交流会を行っているようです。

今回は、エネルギーの話に始まり、生物をまねたものづくりの紹介、シルクの研究など、かなり幅広く講演しました。

高校生の皆さんは最初先生の話にほとんど興味がないように見えましたが、一見寝ているように見えて、しっかりと話を聞いている子や、先生の問いかけを真面目に考えている子がかなりいて、一人一人真剣に先生の話を聴こうとしていることが大変嬉しかったです。

私も高校生の頃は、こういう講演を真面目に聞くのは恥ずかしいなんて思っていた気がします。


先生の講演の途中に、今回同行した学生の自己紹介もありました。
6人の大学生が、それぞれに自分の研究や、大学生活への想いを語り、高校生も真剣に聞いてくれました。
私たちにとっても自分がどういう人間かを大勢に向って話をするという、大変貴重な時間となりました。高校生・大学生に限らず、もっと人前で自分の意見を話すことにチャレンジする人が増えれば、日本の社会はもっと生産的になるはずです。

公演中、長島教授は生物学と工学が一緒に研究を進めていることを例に、いろんな分野に興味を持つことの大切さ、考えることの大切さを高校生に伝えました。
一番してはいけないのは、「それは私の分野じゃないから関係ない」と思ってしまうことなのです。

今回の講演が少しでも若い彼らの心に響いてくれればいいな、と思います。



今回、教授の講演に感動してくれたのは生徒だけではなく。
生徒と一緒に講演を聴いていた教員の方からも、心に残った、大変興味深かったというコメントを頂きました。

1年生担任の佐藤先生は、講演後、今日の学級通信に即講演での言葉を載せて下さいました。
それぞれの方が、それぞれの立場で反応してくれているのがとても嬉しく思いました。
ありがとうございます。


  ー今日の長島教授語録ー

「これまでにないものを作るために、
日々いろいろなものをくっつけたら何が出来るかを想像するんです。
さて、あなたなら何を作りますか?
考えることが大切なのです。」

「生き物を使ってまともな金儲けをしてみよう。
人間が心も体も豊かになるように。
それには自然の知恵、半分は自分の知恵が必要なんです。
生きる知恵、考える知恵、それを僕は意識と読んでいます。」



☆ ☆先生講演のお知らせ☆ ☆

2012年12月22日(土) 午後

横浜シルク博物館の特別イベント「シルキークリスマス」内にて

長島教授が特別講演を行います!!

当日は入館無料ですので、ぜひご来場ください☆
[PR]
by insectech | 2012-11-20 19:37 | 講演のお知らせ | Comments(0)

TOKYO FM あぐりずむ

12月4日、5日全国38局をネットしてお送りするTOKYO FM 「あぐりずむ」に、長島教授が出演します。
4日はニューシルクロードプロジェクトについて、5日は復興桑プロジェクトとシルキークリスマスのお知らせです。
シルキークリスマスのお知らせついては、なにやらスペシャルなことが起きるかもしれません!
放送時間は、両日14:20~14:30になります。(地域によっては放送時間が異なる場合があります。)
ネット上でも聴くことができるので、普段ラジオは聴かないという方もぜひぜひ聴いてみてください!
[PR]
by insectech | 2012-11-15 22:35 | メディア情報 | Comments(0)

東京農業大学・昆虫機能開発研究室では昨年に引き続き、
横浜シルク博物館で行われる「シルキークリスマス」に参加します!

期間中は、シルクの面白さや奥深さを、分かりやすいパネル展示やイベントを通して皆様にお伝えしていきます。
研究室・長島孝行教授と企業とのコラボで生まれたシルク製品・シルクコスメを、期間限定特別価格で販売するイベントも行いますので、ぜひご来場下さい!


♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦
【シルキークリスマス2012】

主催:シルク博物館

会場:シルク博物館およびシルクセンター正面玄関
〒231-0023横浜市中区山下町1番地(シルクセンター2 階)
(みなとみらい線 日本大通り駅下車3番出口)

日時:12月4日(火)から24日(月・祝)
   午前9時~午後4時30分(入館は午後4時まで)

※12月22日(土)は午後5時まで開館(入館は午後4時まで)、入館無料

♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦

現在研究室ではシルキークリスマスの準備が着々と進んでいます♪

イベントへの取り組み状況なども随時実況していきますので、
そちらもぜひお楽しみに!!

11/13 シルキークリスマスのポスター(仮)デザインが出来上がりました!
b0086228_0545917.jpg


内装も現在デザイン中です、楽しいクリスマスとシルクの魅力を存分に伝える内装に仕上がる予定ですので、お楽しみに♪
[PR]
by insectech | 2012-11-14 00:57 | イベント情報 | Comments(0)
先日11月10日、青山学院大学で行われた、第13回構造色シンポジウムにて長島教授が特別講演を行いました。
講演テーマは「日本発ニューシルクロード」

構造色シンポジウムでなぜシルク?!
と思ったので、さっそく教授にその意図をインタビューしました。


Q先生、なぜ構造色シンポジウムでシルクの話をされたのですか?


A(長島教授:一部編集有り)
構造色の研究はとても専門性が高いのですが、まだ視野が狭い。
どれだけ科学的に研究をしても、それが社会に繋がらなければその技術に意味はないのです。
講演では、私のニューシルクロードプロジェクトを例にとって、もっと広い視野を持って外に飛び出そうという話をしてきました。

いくら構造色を科学的に解明しても、世の中で使われていかなければ、それは技術ではないのです。
だから、基礎研究から最後の社会科までぎっちりとやらなくてはならない。
その中で、今自分がどこをやっているのかを分かって研究しなければ、ただオタク的な研究になってしまうのです。

工学の技術力は素晴らしいものです、しかし、出来たものを見るだけなのです。
例えば構造色なら、こういう構造が出来た!というのを見る。
そうではなくて、生き物がその構造を「作る過程」を見ることが大切なのです。
その過程を見ると、生き物は一見無駄な構造を作っているように見えるけれども、それが無駄ではないこともある。

また、構造色では「色」にこだわっていますが、実際構造色を創り出す構造が「色」以外にも働いていることもあるのです。
構造色の構造があることで、強度が増したり、しなやかになったりするのです。

これからは生物系と工学系がお互いの良いところを合わせ、一緒になってやっていくことが必要なのではないでしょうか。
ですから、広い視野を持とう、という話をしてきました。



ーーなるほど。深いですね。

よりよいものを、もっとカタチに。
分野の壁を越えて、より良いものが世の中の技術となっていけば良いですね。

私たちは世の中にそういった技術を送り出す科学者の卵として頑張らねば、と思ったインタビューでした。


さて、2012年12月22日(土)横浜シルク博物館の特別イベント「シルキークリスマス」にて長島教授が特別講演を行います!!

当日はメインイベントの日で盛り上がりますので、ぜひご来場ください!
[PR]
by insectech | 2012-11-13 15:33 | 講演のお知らせ | Comments(0)