東京農業大学、昆虫機能開発研究室の最新ニュースをお届けします。


by insectech
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2016年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

こんばんは、広報部長の竹之内です。
本日、ユニコムプラザ相模大野
3階セミナー室にて、
農学2.0講演が行われました。

~講演の模様~
・一人目 長島孝行教授

始めの講演者として、長島孝行先生による
バイオミメティクスについての講演が行われました。

講演中には学生による、実際に自然にある物の構造や
仕組み、機能を利用した製品の実演が行われました。
蓮の葉の構造を模した、撥水布
カタツムリの殻を模した、防汚タイル
タマムシの表皮を模した、塗料無しのカラフルな金属
シルクの機能性を利用した、化粧品や健康食品などなど

生物の持つ素晴らしい仕組みを、
どう社会に落とし込むことが出来るのか?
について考えて貰うことができたと思います。

・二人目 桑山 岳人教授

二人目の講演者、桑山先生からは、
ニワトリが子猫を暖める行動からみられる、
生物の持つ子育てに対する本能。
その本能を無くしたニワトリを、他の個体と
掛け合わせることで、本能を取り戻し、
卵を得るだけのニワトリから、
繁殖サイクルを保ちつつ卵生産が可能な
ニワトリができること。

乳牛であるホルスタインに、
肉牛の受精卵移植を施すことで、子牛のサイズ減による
出産リスクの低下。
また、ミルクと牛肉、双方の生産を
同時に行うことが出来るようになること。

など、畜産動物の生産力を高めるだけではなく、
生産効率や持続性を考えた研究を紹介いただきました。

・三人目 森田 茂紀教授

森田先生からは、
植物による水資源の保護と緑化についてお話頂きました。

近年、世界の人口が増加する中で話題とされているのは、
水の問題です。
世界の水資源保護のためには、陸地の50%を占めている
乾燥地の緑化が急がれています。
強い乾燥をしている砂漠でも、植物が生えている場所が
あります。なぜでしょうか?
この植物達は、長く伸びた茎と根によって、
砂の下にある地下水を利用しているのです。

植物の根を横へ広げず、下へ長くなるよう矯正することで、
先の植物のように地下水まで根を届かせることができ、
砂漠地帯の地下水を利用した、砂漠の緑化が可能となります。

農学は今までの農学1.0から農学2.0へ
変革の時を迎えています。

生産力の技術を研究する農業生産から、
農による環境保全
農による環境を配慮した商品開発
農による持続性社会の実現
農ってこんなことまで出来るのか!?
っと思える、
そんな農学を作り上げていきたいと考えています。

長くなりましたごめんなさい(-_-;)
いつのまにやら、半分くらいは竹之内論も含まれていますね。

これからも農大が掲げる、農学2.0について
発信していきたいと思っております。
読んでいただき、ありがとうございました。
以上竹之内がお送りしました。
b0086228_19334071.jpg






↑公演中の様子」(桑山先生)

[PR]
by insectech | 2016-03-22 16:45 | 農学2.0~新たな農学の可能性~ | Comments(0)
本日!3月の22日
相模大野にある
ユニコムプラザ相模原3回のセミナールームにて、
農学2.0の講演を行います!

↓ユニコムプラザ相模大野
http://unicom-plaza.jp/access/

演者は
長島先生 、桑山先生、森田先生のお三方
スリムビューティーハウスさんから
シルクコスメ講座や、
酵素食品「slim co-so plus」
のプレゼントもあります!

ぜひ!お越しください!

b0086228_13493573.jpg














b0086228_13511486.jpg

[PR]
by insectech | 2016-03-22 13:47 | 講演のお知らせ | Comments(0)
こんにちは、広報部長の竹之内です。

3月15日
東京都多摩消費生活センターにて、
東京シルク文化園協議会の方々と
東京ホタル会議の方々に向けて
長島先生による講演が行われました。
一時間の講演のなかでは、
「昆虫機能性開発の近未来」と題して
バイオミメティクスを始め、ニューシルクロードプロジェクト
桑の機能性利用についてお話しました。
また、休憩を跨いだ後の、2時間に渡る質疑応答では、
生物実験に対する鋭い指摘や、青梅で行う桑利用の具体案、
学生による実験紹介など 内容の濃いものとなりました。

参加して頂いた皆様、ありがとうございました。
今回でた案が実現出来るよう、連携を強めていきたいです。

[PR]
by insectech | 2016-03-18 11:44 | 講演のお知らせ | Comments(0)
こんばんは!まだまだ更新を続けています、
広報部長の竹之内です。
昆虫機能開発研究室メディア出演のご連絡

明日3月の13日(日)
朝日新聞朝刊の教育欄
先日、取材していただいた記事が掲載されます。

ぜひチェックしてください!
 以上竹之内がお送りしましたー


[PR]
by insectech | 2016-03-12 19:57 | メディア情報 | Comments(0)
こんばんは そろそろ任期が終わるはずの
広報部長 竹之内です。

株式会社インフォバーン様から
長島孝行先生が取材を受けた
記事が載っている

人、社会、環境、情報、イノベーションを考える情報誌
「Link」が届きました!

2ページ目からの特集に
バイオミミクリーの可能性
 ー日本発、生物に学ぶものづくり
の記事が載っています。
ぜひご覧ください!!

b0086228_19392287.jpg




[PR]
by insectech | 2016-03-10 19:41 | メディア情報 | Comments(0)

メディア情報(再)

本日!
16時45分から
NHK(1CH)で「ファーブルもびっくり!ぞくぞく発見!
夢のムシ技術」再放送です!!

見忘れてしまった方!急いで!
NHKにチャンネルを変えてください!
お騒がせしましたー!竹之内でした!

[PR]
by insectech | 2016-03-06 16:47 | メディア情報 | Comments(0)
こんにちは!M1の森屋です。

少し報告が前後しましたが、
福島県矢吹町の高久さん・藤田さんから自家製の味噌を頂きました!
b0086228_20585556.jpg
研究室のみんなで分けていただきました。
とても美味しかったです!

「私、高久さん家のお米がめっちゃ好きなんだよね~!」
とM2の上原さんがおっしゃっていました。

矢吹町はなんでも美味しいですね~





[PR]
by insectech | 2016-03-02 21:07 | 矢吹町 | Comments(0)
お久しぶりです4年写真部矢部、M2上原です。

2月28日矢吹町の皆さんが、東京農業大学「食と農」の博物館で
矢吹町野菜のPRのために旬太郎トマトやサラダほうれん草の試食、配布をしました。
b0086228_19264411.jpg
旬太郎トマトの糖度は、なんと11度!
イチゴに並ぶ程の甘さに、みなさんとても驚いていました。
購入したい!という声も多く頂きました。ありがとうございます。
他にも、矢吹町はおいしい食べ物がいっぱいですよ~。

東京農業大学と、矢吹町は連携協定を結んでいます。
これからも農大のイベントでおいしい矢吹町情報をみなさんにお届けします。チェケラ★
また、矢吹町のふるさと納税制度にてお野菜をお送りすることができます。
そちらも併せて是非ご確認ください。
b0086228_19440719.jpg
今回のイベントでは、我が研究室を卒業後矢吹町役場に就職した中島さんや
福島で活躍している芸人のぺんぎんナッツ (リンク有)さんも応援にかけつけてくれました。
福島民報さん、福島テレビさんが取材にきて下さいました。

世田谷の皆さんのアットホームな雰囲気の中での活動、とても楽しかったです!
3時間程で山積だった約500袋のお野菜を配り終えることができました♪


その際頂いた福島への応援の言葉に感銘を受けました。
b0086228_19562531.jpg
(ちょっと休憩…)

これからより一層、矢吹町と農大の連携を
深めて野菜だけではなく、矢吹という地域の
魅力も発信していきますのでよろしくお願いします。

[PR]
by insectech | 2016-03-01 13:51 | 矢吹町 | Comments(0)