東京農業大学、昆虫機能開発研究室の最新ニュースをお届けします。


by insectech
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31


先日、何人かの室員が埼玉の小川に研修に出かけました!

ご存知の方も多いとは思いますが、
小川は和紙で非常に有名な町です。
そんな小川で桑を使った和紙を作りたい、
大きく言えばそんな企画です。

桑はカイコのエサとなる事でよく知られていますが、
カイコのエサとして使うのは葉のみ。
その他、根は染色剤として利用されていますし、
実は「グミ」などと言われ昔から食べられています。
知っていますか?
しかし、枝は利用されていません。
この無駄になっている枝を和紙にできるのでは?
そんな考えからこの企画が開始しました。
今回は和紙作りの作業場を見させて頂きました♪

b0086228_10531627.jpeg
↑実際に使用した 漉き船と漉桁
b0086228_10535064.jpeg
↑和紙で装飾された行燈

また今回の研修で、元々和紙の原料として使われていた
楮(こうぞ)の新たな可能性が分かりました!
これからの小川の企画も大きく末広がりしそうですね(=゚ω゚)ノ


後日 実際に小川町 和紙体験に行ってきた人に、
体験内容の詳細を寄稿してもらいますので、
今しばらくお待ち下さい!
以上、外山でした!

[PR]
# by insectech | 2016-04-30 10:52 | 活動記録 | Comments(0)
こんばんは!あいも変わらず書いてます。
広報部長の竹之内です。

研究室シーズの一部の記事を更新いたしました!

変更内容は桑関連の記事です。
桑の葉パウダーを利用した商品の紹介や、
記事内容も編集されていますので、
一度見た人も、見たことない人も
是非読んでみて下さい!
    
          以上 竹之内がお送りいたしました~

[PR]
# by insectech | 2016-04-27 19:19 | 活動記録 | Comments(0)


昨日、愛川東中学校、愛川中学校、愛川中原中学校、愛川高校の生徒さんを対象に行う企画

『あっ!その手があったかものづくり』

の打ち合わせを行いました!
この企画では中高生の皆さんから『あっ』という気づき・ひらめきを引き出し、ものづくりの創造につなげて貰いたい、という主旨で、皆さんにディスカッションをして貰います^ ^
中高生の皆さんからどのような考えが出てくるのか、楽しみです♪

b0086228_14555872.jpeg
また、美味しく頂きました♪ありがとございます。


夏頃に企画を行いますので、また報告させて頂きます。

以上外山でした!

[PR]
# by insectech | 2016-04-27 14:42 | 講演のお知らせ | Comments(0)

夢みずうみ村とゼミ開き

おはようございます!

昨日は夢みずうみ村での桑植えとゼミ開き(先生の行きつけの焼肉屋にて)だったのですが、OGさんの上原さんも駆けつけてくださり、大人数での活動となりました!

b0086228_11402848.jpeg
b0086228_11411481.jpeg


まず、夢みずうみ村ディサービスセンターとの今回の活動は、『訪問かいこプロジェクト』という『リハビリを受けて施設を出た後の、家で出来るリハビリの一環としてカイコを育てて貰う』、というプロジェクトに使うための桑を植えることが目的です。

桑の葉を摘むなどのカイコを飼育をすることを利用したリハビリは、回想法という認知症の進行を抑える働きを持つそうです。またカイコの繭を企業に売る事により収入を得ることもできるという特点もあります!!!
このように訪問かいこプロジェクトは『福祉×農業』という今までにない新しい形の循環型のプロジェクトです。
また今回桑を植えている際、施設の方もカイコの餌だと気づいて下さった様です。この活動を生き甲斐として、もしくは少しでも楽みながら参加していただければ幸いです。


そして作業後に夢みずうみ村の代表の藤原さんからお話を伺いました。そして、訪問カイコプロジェクトは、この活動に関わる全ての人への大きな影響力を持っていると感じました!プロジェクトが進み次第、逐一報告致します!


夢みずうみ村について、また訪問カイコプロジェクトについて興味のある方は以下のURLをご利用ください。

夢みずうみ村

訪問かいこプロジェクト
https://www.jbgroup.jp/link/special/224-4.html



そして、焼肉、美味しかったです。先生ごちそうさまでした☆


[PR]
# by insectech | 2016-04-23 11:39 | 農学2.0~新たな農学の可能性~ | Comments(0)

こんにちは!広報部長の竹之内です。

本日、4月22日 鶴見小野にある
横浜市立 横浜サイエンスフロンティア高校
にて、長島先生が講演を行いました。
b0086228_21055794.jpg












今回は理系専攻の高校生へ向けた、
学問分野に囚われない、幅広い分野に
目を向けることの大切さや、
昆虫機能利用と社会への落とし込み
についてお話頂けました。

講演では付いてきた農大の学生に
自分の研究について説明させ、
大学生がどんなことをどんな目的で
研究しているのか、
高校生に触れてもらいました。

講演後には、私達が持ってきた
バイオミミクリー製品や
シルクのダイエット食品など、
研究➡商品という流れで作られた
ものを見て、触って、食べてもらい
より理解を深めて貰いました。

昼食時の懇親会では、明治大学、
麻布大学から講演にいらっしゃった
先生方と高校生を含めながらお話をし、
他大学のゼミや研究室活動が
自分達とは異なっていて、
専攻範囲違うと、こんなに
違うものかと驚きました。

また、高校生からは
彼らの将来目指すものや、
理系専門高校の実情を
聞かせて貰いました。

長島先生も言っていましたが、
皆さんの知識や経験、技術力は
素晴らしいものです。
しかし、理系で学んでいたから
といって、その視野を狭めないで欲しい
と思っています。
自分は化学の専門だから、生物は
やらないとか、
理系だから文系みたいのはやらない
とか
自分の専門というものを直ぐに
決めないで欲しいです。
まだ、道を閉ざすには早いのでは
ないでしょうか?
今回の講演を聞いて、少しでも
他部門との連携で何ができるのか?
どこまでやれるのか?を考える
きっかけになって居ればと思います。
名人になるのか、達人になるのか
この宿題を解いて、是非
研究室に遊びに来て下さいね~

以上 竹之内がお送りしました~
長文すみません(^^;


[PR]
# by insectech | 2016-04-21 21:06 | 講演のお知らせ | Comments(0)
広報部長の竹之内です。
前回の記事を読んでいただいた方は、
知っているかも知れませんが、
この春、投稿者が増えました!
新体制で、もっとたくさんの研究室活動を
お知らせして行きたいと思っております。


本日、東京シルク文化園協議会と
東京ホタル会議の方々を交えた
西川邸でのホタル放流に参加しました。

東京ホタル会議の皆様から集められた、
約1000匹ほどのヘイケホタルの幼虫
と、餌となるカワニナ・淡水生シジミ
が西川邸のヒオトープへ放されました。

ホタル会議の方々からは、興味深い話を
おきかせ頂きました。
今度からはちゃんと、捕食者の本能を
そそるような部位をホタル幼虫に
あげたいと思います。
他にも色々あるのですが、
また、ご紹介できるほど話が進みましたら
お知らせしたいと思います!

シルク文化園協議会の皆様、
東京ホタル会議の皆様
また、ご自宅へ及びして頂いた西川様
ありがとうございました。
たいへん楽しいお食事会でした。

以上竹之内がお送りしましたー

b0086228_22195597.jpg







↑西川邸 ビオトープでの放流の様子

[PR]
# by insectech | 2016-04-17 21:51 | 活動記録 | Comments(0)
本日はゼミ開きから一週間、新三年生にとって初めてのゼミが行われました。
ただいま新年度の大掃除を背に、ひっそりと執筆しております。

さて今回は長島孝行教授メディア出演の情報です。
来週月曜より、長島教授がFMラジオ『JAM The World』に出演なさいます。
内容はインセクトテクノロジーについてです!
『JAM The World』は「J-WAVE」初の本格ニュースワイドで、
世界の様々なジャンルの「今」をリアルタイムで配信するホットな番組。
長島教授はその中でも、近年注目を集める話題について、様々な角度から専門家が回答する
5日間通しのワンテーマコーナーで語って下さいます。

番組の放送時間は平日夜8:00~9:50で、長島教授は4月18日(月)~22日(金)の
9:25~9:30頃にお話しのご予定です。
興味のある方は是非、来週からの放送をお聞きくださいませ。
以上、広報担当佐々木でした!
[PR]
# by insectech | 2016-04-15 16:49 | メディア情報 | Comments(0)

今年度の研究室、開室!


 今日研究室が開室しまして、それと同時にこのブログの更新係が変わりました!

新3年の佐々木と外山です。

 今年度一年間、研究室の情報をわかりやすくお伝えできるよう頑張りますので、よろしくお願いします。
[PR]
# by insectech | 2016-04-08 17:44 | 出来事 | Comments(0)

ウィグル講演

こんにちは、まだまだ仕事を任されてます。
広報部長の竹之内です。

本日 4月6日
武蔵野大学有明キャンパスにて、
ウイグル自治区の方々へ向けた
長島教授の講演が行われました。

お越しいただいた方々は、
企業の代表を務める方ばかりでした。
バイオミミクリーについてや、
ニューシルクロードプロジェクトについて
お話しましたが、特にタマムシ発色や、
桑の機能性に興味を持たれていました。

今回の講演をきっかけにして、
ウイグル×農大で、ビジネスを作り上げて
行きたいと考えています。
しかし、言語の壁は感じました。
ニュアンスがきちんと伝わって入ればよいのですが(^^;

主催して頂いた方によれば、
ウイグル・桑・カイコには深い繋がりがあるようです。
この歴史的背景も踏まえて、アクションをおこして
行ければ形に出来るのでは?と考えました。

このプロジェクトに動きがあり次第、
またお知らせしたいと思います。
以上、竹之内がお送りしました。

b0086228_16265688.jpg

[PR]
# by insectech | 2016-04-06 15:49 | 講演のお知らせ | Comments(0)
こんばんは、広報部長の竹之内です。
本日、ユニコムプラザ相模大野
3階セミナー室にて、
農学2.0講演が行われました。

~講演の模様~
・一人目 長島孝行教授

始めの講演者として、長島孝行先生による
バイオミメティクスについての講演が行われました。

講演中には学生による、実際に自然にある物の構造や
仕組み、機能を利用した製品の実演が行われました。
蓮の葉の構造を模した、撥水布
カタツムリの殻を模した、防汚タイル
タマムシの表皮を模した、塗料無しのカラフルな金属
シルクの機能性を利用した、化粧品や健康食品などなど

生物の持つ素晴らしい仕組みを、
どう社会に落とし込むことが出来るのか?
について考えて貰うことができたと思います。

・二人目 桑山 岳人教授

二人目の講演者、桑山先生からは、
ニワトリが子猫を暖める行動からみられる、
生物の持つ子育てに対する本能。
その本能を無くしたニワトリを、他の個体と
掛け合わせることで、本能を取り戻し、
卵を得るだけのニワトリから、
繁殖サイクルを保ちつつ卵生産が可能な
ニワトリができること。

乳牛であるホルスタインに、
肉牛の受精卵移植を施すことで、子牛のサイズ減による
出産リスクの低下。
また、ミルクと牛肉、双方の生産を
同時に行うことが出来るようになること。

など、畜産動物の生産力を高めるだけではなく、
生産効率や持続性を考えた研究を紹介いただきました。

・三人目 森田 茂紀教授

森田先生からは、
植物による水資源の保護と緑化についてお話頂きました。

近年、世界の人口が増加する中で話題とされているのは、
水の問題です。
世界の水資源保護のためには、陸地の50%を占めている
乾燥地の緑化が急がれています。
強い乾燥をしている砂漠でも、植物が生えている場所が
あります。なぜでしょうか?
この植物達は、長く伸びた茎と根によって、
砂の下にある地下水を利用しているのです。

植物の根を横へ広げず、下へ長くなるよう矯正することで、
先の植物のように地下水まで根を届かせることができ、
砂漠地帯の地下水を利用した、砂漠の緑化が可能となります。

農学は今までの農学1.0から農学2.0へ
変革の時を迎えています。

生産力の技術を研究する農業生産から、
農による環境保全
農による環境を配慮した商品開発
農による持続性社会の実現
農ってこんなことまで出来るのか!?
っと思える、
そんな農学を作り上げていきたいと考えています。

長くなりましたごめんなさい(-_-;)
いつのまにやら、半分くらいは竹之内論も含まれていますね。

これからも農大が掲げる、農学2.0について
発信していきたいと思っております。
読んでいただき、ありがとうございました。
以上竹之内がお送りしました。
b0086228_19334071.jpg






↑公演中の様子」(桑山先生)

[PR]
# by insectech | 2016-03-22 16:45 | 農学2.0~新たな農学の可能性~ | Comments(0)