東京農業大学、昆虫機能開発研究室及び生物機能開発学研究室(Bio Design Lab)の最新ニュースをお届けします。


by insectech×BDL
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

New Arrival「デザイン農学科 生物機能開発学研究室」ゼミ開き!!

四月に入り、春の訪れどころではなく”夏日”も訪れたほど強烈な平成30年度。

我が家のカイコ「はくれい」は孵化し、
ぼうさいの丘公園では春型アゲハチョウも舞い、
後輩も、咲き始めてしまったサンカヨウの花に焦って実験をはじめ...

生き物の息遣いを感じるに十分なほど賑やかな中、

今年も昆虫機能開発研究室は ”ゼミ開き” を以て新年度を迎えました。



毎年、授業開始第一週の金曜日には初回の研究室活動であるゼミが行われます。

・ランチョンゼミで新三年生に簡単なオリエンテーションが行われたあと、

・先輩が自己紹介を兼ねて進捗報告と実験計画について発表し、

・場所を変えて交流会が行われる、

というのがゼミ開きの流れなのですが


今年はいつもと一味違うんです。





...ブログでは詳しく触れていませんでしたが

実は今年度より農大は学科編成を行いまして

我々昆虫機能開発研究室は 農学科ではなくなった のです。

もっというと 昆虫学研究室 及び 昆虫機能開発研究室 でもなくなったのです。



ではなにか



農学部

これは変わりません。


厚木キャンパス

これも変わりません。


デザイン農学科 ←リンク!

ここから変わりました。


生物機能開発学研究室 ←リンク!

研究室名も変わりました。


Laboratory of Bio-design

英名はこんなイメージです。


機能研

略称は同じにできます。


長島孝行教授櫻井健志准教授森元真理助教

わたしたちの先生が増えました。





...簡単にご説明しましょう。



まず安心してください。

名前や所属は変わりましたが

研究室の方針や活動内容は一切変わりません!


ほどよく的確に解説しますと


我々の研究室活動概念が「デザイン農学科」というひとつの学科になった

と言っても過言ではありません。


学科長は我らが長島先生です。

他にも訪問かいこをはじめ方々でお世話になっていた川島先生の研究室や

食生産の副産物を利用する畜産系の研究室など

これまでの3学科が入り組んだ編成です。



conceptは

生物を活用した持続可能な社会をデザインすること。



デザインとは形状や装飾のことではなく

いわゆる「ソーシャルデザイン」、計画や設計を意味します。


なかでも我々の研究室は

「農」=「生物利用」の観点から生活を豊かにする

イノベーション農学分野 に属します。



なんだか横文字が増えてきて馴染みにくくなった気がする人もいるかもしれませんが

我々の考える「農」の概念はここまで進化してきているということを実感いただければと思います。





これまでは「昆虫学研究室」のなかの

「昆虫機能開発研究室」というゼミの名前だったのです。


しかし今年度より一つの研究室として独立しましたので

頼もしいことに教員も3人に増えたのです!





櫻井健志(さくらいたけし)先生は、

東京大学の先端科学技術センターからいらっしゃいました。

ロボットに昆虫の持つセンサーをつける、バイオセンサーの研究をされています。

カイコの触角を搭載したロボットが臭いをかぎ分けるのです。

ハイブリッド生物ももはやSFの世界の話ではなくなってきました。


とても気さくな方で、我々学生にも積極的に話しかけて下さり

日々有意義な研究談話が繰り広げられています。

私も兼ねてより昆虫ロボットには興味がありましたので

櫻井先生との研究活動が楽しみで仕方ありません。





森元真理(もりもとまり)先生

本学のバイオセラピー学科からいらっしゃいました。


学科が編成された、と言っても2年生以上の学生は旧編成の学科・研究室に所属していますので

森元先生はまだご自身の研究室にいらっしゃいます。

生物機能研にもよくお見えになるのですが

まだお忙しいようで、残念ながら研究室活動はいつも一緒というわけではありません。


ウサギ飼育による児童の情操教育や、生物介在療法などの研究をされている方で

本研究室でも訪問かいこなどについて、いきものと人とのかかわりを研究されると思います。


生物を生活に活かす、という考えは必然的に生物と触れ合う確率が高くなります。

特に若い方はムシ嫌いも増えている気がしますので、

我々は生き物が与えるマイナスイメージについても考慮して研究しなければなりません。

バイオセラピーの観点は大変重要になると思います。





今年度は進入室員の3年生も多く、

室員の半数である15名も入ってきました!

(はやく名前を覚えなくては...)

今年はキレ者が多そうです。期待。



来月には新歓合宿もあり、イベントを乗り越えるごとにその年の「色」が出てくると思います。

新しく生まれ変わった機能研を

今年もよろしくお願いいたします!!





ブログのタイトルやロゴ等も追々変えていく予定です。

以上、広報担当佐々木がお送り致しました。







[PR]
by insectech | 2018-04-17 02:50 | 出来事 | Comments(0)