東京農業大学、昆虫機能開発研究室及び生物機能開発学研究室(Bio Design Lab)の最新ニュースをお届けします。


by insectech×BDL
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2018年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

こんにちは!

今回は前回の続き、田んぼの学校2日目の様子をお送りします!

この田んぼの学校は矢吹町の子どもたちと一緒に、
カブトエビを育て、お米を作ることで
矢吹町全体でつくり
地域だけではない、未来へ続く
広く持続的な農業を目指すプロジェクトです!



2日目は小学生と一緒に稲刈り!
稲もたわわに実り、天気にも恵まれた、絶好の稲刈り日和です!
b0086228_16113256.jpg

b0086228_15325702.jpg



開校式では豊作を祝って、小学生たちと大根踊り踊りました!

少し踊りが難しかったかな105.png

b0086228_16011182.jpg



小学生と一緒に手刈り!
小学生たちの稲刈りにスピードがあり、想像より早く終わりました!110.png
b0086228_16213834.jpg

b0086228_16012743.jpg


閉校式では小学生から歌を頂きました

素敵な歌をありがとうございます169.png



b0086228_16140842.jpg
右から
田んぼの学校 校長先生の 女優 大桃美代子さん
矢吹町 町長の 野崎吉郎氏
われらが教授 長島孝行教授 です!


大桃さんも町長も田植えから参加していらして、
今回の稲刈りもとても楽しみにしていたそうで
終始にこにこと、楽しく作業をしていらっしゃいました。






小学生たちを見送った後、脱穀も行いました

こちらはコンバインでやりました
b0086228_16294854.jpg


この度も、多くのご協力をいただいた やぶきぐるぐるnowker'sの方々、矢吹町の方々
あゆり温泉の方々 に 深謝申し上げます。



今回、カブトエビたちは発生はしましたが、定着しなかったので
今後も対策を練って、来年の田んぼの学校に臨みます!

以上、ブログ担当の加藤でした!

[PR]
by insectech | 2018-11-13 17:58 | 矢吹町 | Comments(0)
こんにちは!
最近、町にイルミネーションが飾られはじめて、冬の訪れを感じます

今回は6月のブログでも書きました、
福島県矢吹町の 田んぼの学校 ~稲刈り編~ をお送りします!

1日目の11月6日は古代米、その名も桃米の稲刈り&干す作業をしました!
b0086228_15331162.jpg

以前のブログ、田んぼの学校2日目に植えていたものです

桃米は田んぼの学校の校長先生を務める、女優の大桃美代子さんが名付けた古代米です。

この福島県矢吹町での桃米プロジェクトは、
東日本大震災からの復興と
地域経済活性化を目指すもので、
無農薬とカブトエビ農法による地域ブランド化を実践するものであります。



雨の中、矢吹町の方々の指示のもと、鎌で刈って、天日干しにしました

b0086228_15333418.jpg

すべて手作業で、とてもハードなので筋肉痛になる学生が続出しました105.png

二日目の小学生との稲刈りの様子は次回のブログでお送りします!

以上!ブログ担当 加藤でした!



[PR]
by insectech | 2018-11-13 15:55 | 矢吹町 | Comments(0)

上級学校見学のようす

こんにちは!
もう11月、寒くなってきましたね140.png
収穫祭という一大イベントが終わり疲れが出たのか、風邪をひく室員が多い気がします・・・。
皆様、体調管理には気を付けてお過ごしください( ˘ω˘)

さて、今回は、11月9日に行われた群馬県立伊勢崎興陽高校の上級学校見学の様子をお送りします!


b0086228_16060151.jpg

まずは長島先生の講義!
デザイン農学科の紹介をしました。
研究室の紹介や、農学と社会とのつながりについてのお話がありました!


b0086228_16071501.jpg

講義の後は電子顕微鏡の見学・体験です!
学生がサポートしながら、実際に顕微鏡を操作しました。
周りの生徒も真剣に見守ります・・・


b0086228_16065988.jpg

b0086228_16061480.jpg

b0086228_16064288.jpg



こちらは3年生の研究紹介の様子です!
研究室に入って約半年、4人の学生が、現在どのような研究をしているかについて説明しました。
(実は私も研究紹介をさせていただいたのですが、誰かに写真を任せることをすっかり忘れていました・・・。)


今回生徒にあまり取材ができなかったのですが、
大学で行われている研究に興味をもっていただけたら、とても嬉しく思います。
以上、ブログ係の岩立がお届けしました!


[PR]
by insectech | 2018-11-13 10:44 | 出来事 | Comments(0)

収穫祭!!

こんにちは!
今回は、11月3日・4日に催された収穫祭の様子をお届けします!

文化学術展では、電子顕微鏡・バイオミミクリー(植物撥水・滑落構造)・シルク・バイオセンサ・桑の大きく5つのブースに分けて展示を行いました!



b0086228_00420457.jpg


まずは電子顕微鏡。
この顕微鏡、じつは全て手書きの絵なんですよ!
モニターでは実際の顕微鏡画像を流しました。


b0086228_00431430.jpg



ここからは、ミミクリーによる様々な製品を展示します!
猫の舌を利用した掃除機は、今年が初めての展示でした!
面ファスナーやタマムシ発色の食器等もあります。


b0086228_00433551.jpg



こちらは植物撥水。
ハス・サトイモの葉の撥水に加え、バラの花の撥水と吸着性について展示しました!


b0086228_00432508.jpg



つづいて、滑落構造のブースです!
食虫植物は今年が初めての展示です。
ウツボカズラをはじめ、色々な食虫植物を展示して、虫を滑落させるしくみを説明しました!


b0086228_00434941.jpg



シルクのブースです。
野蚕、家蚕の繭やそれを利用した製品を展示しました!


b0086228_00442542.jpg



こちらはバイオセンサのブースです。こちらも今年が初めての展示です。
カイコを利用した匂いセンサの展示と説明を行いました!


b0086228_00444381.jpg



最後に、桑のブース。
桑を使った和紙を展示しました!


b0086228_00440758.jpg



b0086228_01184647.jpg



繭クラフトと桑和紙づくり体験も行いました!
こちらはこどもたちに大人気でした!!



以下、写真集~

b0086228_00430161.jpg



b0086228_00424498.jpg



b0086228_00475059.jpg



b0086228_01344577.jpg



b0086228_01265008.jpg



b0086228_01280267.jpg



b0086228_01294215.jpg



b0086228_01283628.jpg



b0086228_01291293.jpg



b0086228_01310925.jpg



b0086228_01321768.jpg



b0086228_01325545.jpg



b0086228_00450349.jpg



b0086228_01430669.jpg



b0086228_01371961.jpg



b0086228_01443442.jpg




お越しいただいた皆様、ありがとうございました!!
以上、ブログ係の岩立がお送りしました!




[PR]
by insectech | 2018-11-09 15:39 | 活動記録 | Comments(0)
b0086228_14125102.jpg

ご無沙汰しております!

ブログがご無沙汰とはいけませんね...
しかしわたくし佐々木も就活を始めたものでして、なかなか情報通ではないのですが

後継者問題の波はこんなところにまで押し寄せてくるんですねぇ...

落ち着いたらしっかりブログ係の後輩指導に力を入れていかなければなりません!



さて、今回はそんな後輩たちが活躍する

「収穫祭」

の宣伝です!


宣伝...?

お知らせ、程度でしょうか;



当、生物機能開発学研究室の室員は
学部3年次生~大学院マスター2年生で構成されており(ドクターはここ数年いないのです。)

当、生物機能開発学研究室の文展――文化学術展
新入室員である3年生がこの半年で培った知識と技術を存分に発揮し
”サイエンスコミュニケーター”という立場で、

来場者にドキドキワクワクのバイオデザインワールドをお届けし!

さらなるスキルアップを図る!!

そして企業賞を狙う!!!


そんな場であります。




3年生というと...私より2つも下ですね...

さすがにジェネレーションギャップを感じる年であります...。
※筆者は今年卒の研究生=マスター1年と同期。


かいこに例えると11~14日の差がありますからね!
あれ、逆効果な比喩!?
※25℃飼育下で3齢から5齢まで飼育した場合の目安として換算。




今年の3年生はユニークであったりキレ者であったりオシャレであったりオタクであったり
大変バラエティーに富んだ人たちです。

なんといっても3年だけで15人もいて全室員の1/2を占めるんですから
それだけで迫力があります。

そしてゼミの2日前までにはかならず要旨を提出する
優等生気質なところもあります。
先輩たちも焦ってまじめになる(なってない?)ような、しっかり者たちです。



そんな今年の三年生がお送りする文展のテーマは


未来へのバイオデザイ


今年度から昆虫機能→生物機能に名前も変わり

英名の「Bio Design Lab.」を主軸にして

コンセプトは「未来」です。



ちょうど我々の代が「和」をモチーフにした

「過去」の古き良きと最先端をつなぐテーマでした。


続いて昨年が"生活"に着目した

「現在」本当にある驚きの技術の集結。


そして今年のテーマが「未来」。



図ったわけではありませんが、こうして時間系列になっているのは面白いですね。



ここでみなさんに着目して頂きたいのは、



コンセプトは違っても、扱っている内容なほとんど変わらない

...という点です。



我々が目指すのはサイエンスコミュニケーター。

ただの接客業や販売員ではありません。


データに現れる事実、生命の神秘、科学の力、その社会的背景

これらをつなげてデザインし、

コンセプトに沿ったプレゼンと来場者との対話の中で

どのように伝えるべきかを常に考えなければなりません。


逆に言えば伝え方次第で

情報はいかようにも操れてしまうということです。


その点に気を付けながら、
我々は知識と実践を以てコミュニケーターを学びます。




今年の3年生の展示はどうなるでしょうか?

もちろん我々上級生も補佐しますが

主役は彼らです。




更に、今年はデザイン農学科になりましたので

櫻井先生の”バイオセンサー”や

初展示!新たなアイディアのミミクリー製品など展示の見どころもたくさんあります!



初めてご来場の方も

毎年来て下さる常連の方も

鋭いまなざしのOB・OGの方も (...少し緊張すると思いますが)

みなさんに楽しんでいただける展示となっておりますので是非ご来場くださいませ。



生物機能開発学研究室の展示室は第一講義棟1階のエレベーター側の教室です!

細かく言っても複雑でわかりにくいので

是非他の研究室の展示も順に見ながら、当研究室も回っていただけると幸いであります。





...と偉そうなことを書いていて実はわたくしここ数日研究室を空けていまして

明日、前日となりますが手伝いに復帰する所存であります。


ですので内容の濃い宣伝はできませんでしたが


詳細は皆様の曇りなき目と耳で体感ください!



以上、広報担当佐々木がお送りいたしました。






[PR]
by insectech | 2018-11-01 15:26 | お知らせ | Comments(0)